人材育成事業

  • トップページ
  • 経営支援事業
  • テンプレート活用による賃金制度(キャリアパス対応)自力構築
  • 自力構築2回目
経営力強化・ケア品質向上のための賃金制度の具体的設計手法

 

 テンプレート活用による賃金制度(キャリアパス対応)自力構築2回目セミナー配布用リーフレット(PDF)

 

「介護職員処遇改善交付金のキャリアパス要件・定量的要件について」が公表されました。基本的 にはキャリアパスをベースとした人事賃金制度を確立することが求められています。

具体的な検討を予定されている法人様向けに、事業継続資金(再調達コスト)の計算法を含めて、制度ビジネスリスクを想定したキャリアパス対応賃金制度の再構築実務セミナーを開催いたします。

内容的には、賃金論の基礎から、実務で実際に使う統計資料の活用法、現状の課題把握の方法までカバーする、実務性の濃い内容です。

■ テンプレート活用によるキャリアパス対応の等級制度の設定のポイント
■ 設計支援ソフト活用による賃金体系(基本給、諸手当)の設定法
■ ポイント式賞与制度活用による総人件費管理のやり方

さらには、後に続く2回のセミナー参加で、納得性の高い評価制度の自力構築も可能となります。
自力構築の際には、経験者に相談したい事項も発生いたしますが、必要があれば、経験に裏付けられ た適切な助言と支援サービス(要日当、交通費)を提供し、確実に完成して頂くことを想定しております。

貴法人での賃金制度再構築の検討、または、自力構築の可能性検討に、ぜひ、ご活用下さい。

 

【セミナー概要】

1. キャリアパス要件・定量的要件について

2.キャリアパス対応賃金制度の構築運用

(1)現状の賃金制度の課題把握

(2)キャリアパス対応型賃金制度の要件

(3)キャリアパス対応賃金制度の構築手順

(4)新制度への移行・運用

3.キャリアパス(全職種)対応の等級制度の設定法

(1)職責等級定義

(2)職責等級定義の賃金制度への結びつけ

(3)昇格管理モデル

4. 賃金体系(基本給、諸手当)の設定法

(1)支援ソフト活用による基本設計手順の実際

(2)基本設計支援ソフトの使用概説

(3)プロット図ソフトによる基本設計の確認法

5. ポイント式賞与制度活用による総人件費管理

(1)原資重視による賞与制度の構築・運用

(2)総額人件費管理の観点からの賞与原資計算

6. 新制度設計時の労働法制上の留意点

 

【講師紹介】

NPO法人ソフトパーク理事

株式会社オフィスF21代表取締役

古瀬博義

中小企業診断士。賃金総研勤務時より、特別養護老人ホームなどの福祉施設の人事賃金制度等の改善を手がける。実績(東京、千葉など)。

2007年、理念に基づく「ビジョン指向型賃金システム」(内容はhttp://www.officef21.co.jpに掲載)の普及のため(株)オフィスF21を設立。

 

 
日  時: (第1回)平成22年09月 14日(火)10:00~16:00
場  所: NPO法人ソフトパーク セミナールーム
(千代田区外神田1-1-5昌平橋ビル2F)
受 講 料: 1人 25,000円    1法人(2名まで)40,000 円
定  員: 5組(先着順)    過去の受講者割引(-5,000 円)

入会のお申し込み

T e l : 0 3 - 3 8 4 3 - 8 7 1 5

F a x: 0 3 - 5 8 2 8 - 6 5 6 1

Mail : h-furuse@soft-park.jp